黄金しじみの主産地は台湾・花蓮市

台湾・花蓮市がふるさとなのが、
黄金しじみ(黄金蜆)をごぞんじですか?

ここの蜆は稀で、完全淡水で養殖されている。
一般的な蜆は汽水域(川や湖の淡水と海の海水が混ざっている地域)で生息しているのが普通。

花蓮は山からのミネラル分が豊富な湧き水が大量に湧き出て養殖に適している。

牛樟芝について・・・・

台湾の国宝「牛樟芝」ルビーマッシュルーム ruby mushroomが超話題。

和名は「ベニクスノキタケ」としても有名になりつつ有る。
日本国内ではハウスのウコンやヘパリーゼドリンクに変わる「Ruby Mushroom」でアルコール分解ドリンク?
としてドラッグストアでも、
若い方で酒飲む前に定着しそうな勢いが続いている。

キチン・キトサンは「カニキチンBS」にかぎる

キチン・キトサンは「カニキチンBS」にかぎる

キチン・キトサンについて、カニキチンBSならセイシン企業が一番良い
キチン・キトサンについて、カニキチンBSならセイシン企業が一番良い

キチン、キトサンの製造法について
原料の甲殻類殻からタンパク質とカルシウムを取り除き、キチンがえられます。
キチンから脱アセチル化後に、水洗、乾燥、粉砕を経てから製品のキチン・キトサンが出来上がります。
=======
キチンはN-アセチル-D-グルコサミンがβ-1.4結合した直鎖型の多糖類で、カニ殻から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて精製して製品化しております。
キトサンはD-グルコサミンがβ-1.4結合した直鎖型の多糖類で、キチンのアセチル基を外して精製したものです。
多糖類の粉砕は困難ですが、体内での吸収性を上げる為に弊社(株式会社セイシン企業)の粉砕技術を駆使して微粉末に致しました。
これまでの研究によりキチン・キトサンの様々な特性が発見され、人に有用なバイオマスとして食品、医学、農業、工業、環境の各分野から注目されている物質です。

花蓮大地震の復興に早くもユーチューバーの動きが

花蓮大地震から1ケ月を経過
その復興に早くもユーチューバー(ケニチKENICHIさん)のドネーション(寄付)が開始。
早速、動画を見てみよう。





とても素早いのにはビックリです。

実は、この花蓮は黄金しじみの一大産地なのです。
一般的なしじみは「喫水線」淡水と海水の境界に多く住み。
日本では一部、湖の淡水で生息・漁がされれていますが花蓮市は山からの清い湧き水を利用して育てております。
その粒も大きく黄金色に輝いているから「黄金しじみ・黄金蜆」と名付けられております。

日本の企業もココの原料を使用して通信販売しておられます。